大停電時代

ただの日記です。

2017/03/12

 

今、私は自宅にいる。

自宅の自分の部屋にいる。部屋の明かりはついていない。

そして、自室の机にパソコンを置いて、この文章を書いている。

現在は14:08. 

左を見れば家がある。近所の家が14時の太陽の日光に照らされている。空は青い。真っ青の空を雲の白でにじませた青。

それを見ると、私はいつも悲しくなるのだ。なぜなら、窓が今日も午後を迎えたことを知らせるから。私が「今日が折り返している」ことを自覚するから。

隣の家のベランダから、人が出てきた。布団をとりだして、バサバサはたいている。そして干した。

やることは何だ。折り返しだぞ。そこのおまえ。適当に文章を書いているのはいいけれど、もうすぐ一日が終わるぞ。そう太陽が私の目に訴えかける。だから悲しい。いちいち反省しなくてはいけない。何度目かの今日の午前の整理が始まる。

理想の一日は何だろう。何もかもうまくいく。やりたいことが全部出来る。そんな日かな。他にあるかな。「やりたいことを全力でやるには、やりたくないことも全力でやらなきゃいけない」それは果たして可能なのか。

一日は果たしては24時間なのか。朝起きるのは、最近は8:00-9:00に起きている。寝るのは0:00-1:00.ということは起きているのは15時間から17時間くらいか。この時間の間で何ができるのか。

ご飯に2時間、トイレに1時間。だから12時間くらいが自由時間か。

もうまず改めたいのは、起床と就寝時間を決めろってことかな。7:00-0:00にしよう。

ご飯はちゃんと食べているな。大丈夫。

これで一日17時間使えるぞ。やるべきことは、あと4日はサークル(毎日)と教習(2コマ)、バイト(2コマ)。

後の一週間が終わったら、サークルはひとまず終わり。次は参加しなくても良いかな。ちょっと休みしようかな。教習は試験があって仮免とってリスケジュール。6月くらいまでに全部終わるかな。バイトは週2。これはいつもどおり。

バイトは週一で適当でいいし、サークルも次休めばいい(キックオフ行かなきゃ良い)しは、教習慣れるまでが大変だったけど運転については慣れたから、後は授業受けて路上運転を慣れればいい。先生もひと固定したし。

何だ整理したら義務はたいしたことなかった。やるべきこと以外の真の自由時間は何をしているのかな。

まあ動画を見てるよね、圧倒的時間。だって面白いからしょうが無いよな。でもこのまま始業式を迎えて良いのかな。

「でも…」と思っている時点で変えるべきなんじゃねえかな。動画何時間みてんだろ…

もし仮に、余暇の時間全て見ていたとしたら…?14時間+飯風呂トイレ…

7時間+7時間

多分この無駄な作業は、結局毎日ふわふわしていて「やるべきこと」がみつかっていないから、やってる感が出てないから繰り返してしまうんだろうな。。